2009年10月07日

4年生諸君、内定おめでとう!

本日、某通信社から内定をいただいた4年生の報告を受けた。これにより今年も40名ほぼ全員の就職先が確定したことになる。年明け早々に内定をいただいた者から10月までがんばっていた者まで。内定をいただく時期は違えど、最後まで諦めずによくがんばったと思う。

自分の希望する会社から内定をもらうために大事なこと。それは1にも2にも、自分が納得のいく結果を出せるまで諦めないこと。その一言に尽きるだろう。今年は厳しいから。有名大学じゃないから。すごいことをしてきていないから。どれも言いわけにすぎない。

TNS生の大半は東大・早稲田・慶応などの一流大学の方ではない。ましてや他人と違ったすごいことをしてきた者など皆無である。それでも、やるべきことをきちんとやれば内定がもらえる。そのことを過去の先輩方が実績として示してくれている。

年々早まるアナウンサー試験。すでにキー局では面接がはじまり、結果に一喜一憂している人もいるだろう。しかしキー局のアナウンサーになることは、針の穴にロープを通すことぐらい難しいことなのだ。たかが2〜3社、落とされたぐらいで落胆していたのでは社会に出て、やっていけるわけがない。

自分の目標は何なのか。どこの企業から内定をもらいたいのか。そこを明確にすべきだ。飛び交う噂や膨大な量の情報に惑わされちゃいけない。自分を見失った人間に未来はない。地に足をつけて将来をしっかりと見据え、堅実な生き方をしてほしい。
posted by CTA at 16:57| 日記