2010年02月03日

NHK人事による採用説明会行われる

本日、NHK人事の方にお越しいただき、TNS生限定の採用説明会が行なわれた。詳細について語ることはできないが、採用に大きく関わるものであることは言うまでもない。また今後、こういった形のイベントは各地で行なわれ一般化してくると思われる。

リーマン・ブラザーズの破綻から始まった世界同時不況。長引く日本経済の低迷が就職活動のあり方を変えるかもしれない。いや、変えていくのが我々のような就職支援を行なっている者の使命だろう。

TNSをはじめた18年前、就職予備校自体が珍しかった。しかし今や就職支援団体は山ほど存在し、学生もどこを選べばいいのかわからない状態にある。結論から言えば、どこを選んでも大して変わりはない。うちは他とはこんなに違うんです!とアピールしているところほど怪しかったりする(笑)

大事なことは、どこを選ぶか、通うかではなく、そこへ何を学びに行くのか、学んだことから何を感じ取り、さらに自分の頭で考えるかである。ただ情報だけもらって満足している人は、どこへ行っても同じである。

では我々が伝えるべきことは何か?

いつ採用試験が行なわれるかは「マスコミ就職のめるまが」を取っていればわかることだし、採用試験の流れは「マスコミ就職読本」などに書いてある。就職活動のテクニックは巷間に溢れる就職本や就職サイトを読めばいい。あまり役立つとは思わないが・・・

他に一体何が残っているのか?

それすらわからない人は、TNSに来るべきではない。もしや内定が用意されているのか・・・そんな甘い話が、この世の中のどこに転がっているというのか(笑)

とにもかくにも本日お越しくださり貴重なお話をしてくださったNHK人事の方には厚くお礼申し上げたい。そして、この場をセッティングしてくださったOBにも心より感謝している。

また何よりも今日集まったTNS諸君に、これだけは言いたい。人事の方はTNS生を優先的に採用しにいらしたわけではない。優秀な学生がいれば積極的に採用したい。それだけの話だ。すでに内々定をもらった気になっていたら大間違いだ。今日伺った話をよく吟味し、本採用試験までの2ヶ月間を、どう有意義に使うか。そこを真剣に考え行動してほしい。
posted by CTA at 19:33| 日記