2011年06月01日

勝手に義援金送金プロジェクト


 売上全額を義援金に回そう!なんて意気込んでみたところでモチベーションが上がらない。何事もそうだが無理のない範囲で楽しみながらやらないと長続きしない。そこで「勝手に義援金送金プロジェクト」と銘打って、中日ドラゴンズが勝利した日は1万円ずつ義援金を送ることにした。目標金額は100万円・・・ってことは年間100勝。今のソフトバンクなら可能かもしれないが、中日じゃ無理だろうな〜

ソフトバンクといえば孫正義。義援金として100億円を寄付すると発表したときは度肝を抜かされたが、いつまで経っても実行に移さない。挙句の果てには自治体と共同で太陽光、風力発電を展開する「自然エネルギー協議会」を設立し、埼玉県には約80億円、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山の5都市には800億円近くを出資すると公言した。

その心意気たるや立派だが、合わせて1000億円にものぼる資金を、どこから捻出するというのだろうか。昨年度6300億円弱の営業利益を出した経営手腕は見事だが、まずは2兆円以上ある借金を返済するほうが先決ではなかろうか。ドコモを猛追し、球団ともども波に乗っているのは否めない。しかし胡坐をかいていると、いつか足元を掬われることになりかねない。

東日本は、いまだ余震と原発に怯える生活を強いられている。一方、西日本は、どこ吹く風でお祭り騒ぎ状態である。油断していると、いつか必ず痛い目を見ることになる。それは何も地震とは限らず台風だったり、旱魃だったり、はたまた人災だったりもするが。

TNSは引き続き、震災被害を受けた地域の人たちに対して無償で指導を行なっていく。阪神大震災のときは無力で何もできなかったが、今はできることがある。やれることがある。それをすることで自分の存在意義を確かめたい。どこかに、そんな思いもあるだろうな〜


posted by CTA at 21:00| 日記