2011年06月08日

就職活動成功のセオリーを作ろう


交流戦も残すところ7試合となった。ここまでの17試合の中日の戦いぶりは、今年のパリーグのペナントレースを象徴している。野球に興味のない人にとっては退屈な話かもしれないが、実に興味深いデータなので紹介しておきたい。

まずパリーグ6球団のうち中日に1点も与えていないのがソフトバンク。今年の優勝候補筆頭球団である。次に4点を取られ1敗しているのが日本ハム。5分の勝負をしているのが西武。逆にいまだ中日には勝利しておらず、得失点差(取られた得点数−取った得点数)が6点なのがロッテ、7点なのがオリックス、13点なのが楽天。パリーグの順位と、まさに一致するのである。

また中日が完封負けした4試合(相手はいずれもソフトバンクと日本ハム)に共通点が見られるのも実に面白い。@3安打〜4安打に抑えられている A外野まで飛んだ当たりが、ほとんどない B2桁奪三振を喫している(1試合だけ6三振)

優勝するチームは、投手が素晴らしい。これぞ野球のセオリーである。

就職活動においても同じことが言える。何社もの企業から内定をもらえる人は、就活成功の方程式が自分の中で完成している。それさえ作り上げれば、どんな企業からだって内定がもらえる。勝ちパターンが確立しているから、そこに持ち込みさえすればいいからだ。

しかし多くの人は、それを作り上げるのに相当な労力を要する。これまで自分の見せ方やタイミングの計り方など考えて生きていないからだ。それゆえ自分探し、行きたい会社探し、話す内容の暗記といった無駄なことに時間を割く羽目になる。

ここからが一番言いたいことなのだが・・・

長い人生、一度も負けずに終えることなど不可能に近い。ならば負けるときは潔く負けを認め、勝つべきときは必ず勝つ。これぞ最終的な勝者の方程式である。

落合監督よ。優勝したければ感情的な選手起用ではなく、もっと戦略を練った試合の組み立てをしよう。

さらに、もうひとつ。

せっかく集まった義援金2500億円あまりのうち、3分の2が手付かずのままである。義援金配分割合決定委員会は義援金が不足する事態を避けるため死者・不明者1人当たり35万円という低めの支給基準を一度定めた。しかし基準が低すぎるということで再配分を検討しているそうだ。その期間、約2ヶ月。

足りなければ再徴収すればいいのだから、100万円ずつポンと渡せばいいのだ。そうすれば瞬間的にでも被災者から本当の笑顔が見られるはずだ。

震災後、金、金、言っているが、金は天下の廻りモノである。足りている人は一時的に足りない人に廻せば、いずれ自分が足りなくなったときは、どこかしらから廻ってくる。そんなものである。逆に独り占めしていたら、そのうち誰にも相手にされなくなる。

よってTNSは、最低限の教室維持費しか取らない。だから、卒業生諸君。お金が貯まったら、せめてそのぐらいの金額は払ってくれたまえ。決して裕福なわけではないのだから(笑)

posted by CTA at 21:38| 日記