2010年06月25日

ひとまず決勝トーナメント進出、おめでとう!

サッカーW杯で日本が決勝トーナメントに進出を決めた。デンマーク戦の平均視聴率は関東で30%を超え、巨人戦の視聴率が5%前後と低迷している日本テレビは笑いが止まらない。その証拠に試合終了後に放送される番組はW杯一色のお祭り騒ぎである。

案の定、渋谷のハチ公前でバカ騒ぎして警官に注意される若者がいた。その映像を流しつつも一番バカ騒ぎしているのは日本テレビ社内ではなかろうか。必死の思いで制作したドラマやバラエティーは見向きもされず、ただライブ中継しているだけのスポーツ頼みでは、もはやテレビの終焉を物語っていると言わざるを得ない。

一方、新聞・週刊誌は日韓戦の後は岡田監督解任だともうバッシングしていたのに、決勝トーナメントに駒を進めたとなると掌を返したかのように賞賛の嵐。あたかも自分たちが批判したからこそ結果がついてきたと言わんばかりの自画自賛ぶり。素人ブログと変わらないような記事を書いているようでは国民からソッポを向かれても自業自得だろう。

再三再四言われ続けていることだが、マスコミで働く人間のレベル低下は著しい。このままでは本当に日本のマスコミは必要のない存在になってしまう。果たして、それでいいのか。いいわけがない。救世主となるべき若者がマスコミ、ひいては国民レベルを上げるべく必死になる必要がある。

にもかかわらず、この状況を手ぐすね引いて待ちわびていた輩がいる。民主党政権である。マスコミがW杯報道に力を入れれば入れるほど、選挙がらみの報道時間が少なくなる。それによって争点がぼやけ、無党派層の比較材料が限定される。すると選挙に行かない若者が増える。

またお祭りムードは現状への不満を一瞬だけでも忘れさせる力がある。今が楽しければいいという考えの人たちは、参院選後の惨劇も想像せずに、その場のノリで一票を投じかねない。所得が減少する中、消費税だけが倍増したら、消費は益々冷え込み、いずれ日本は身動きが取れなくなる。

そのときに金を溜め込んでいる人間は国外逃亡すればいいが、日々の生活に窮している者は何を希望に生きればいいのか。絶望は犯罪の温床化につながる。その火種は早いうちに見つけて消さねばならない。政府もメディアもマッチポンプばかりしているのではなく、もっと他にやるべきことがあるはずだ。

そして我々一人ひとりは誰かが何かしてくれるのを指を咥えて待っているのではなく、自ら立ち上がらなければならない。
posted by CTA at 18:40| 日記

2010年06月08日

このままじゃ日本はア菅!

ちょうど2ヶ月ぶりの更新。前回の記述は不評で「辞めちゃうんですか?」「病んでるんですか?」など大勢の卒業生・在校生からご連絡をいただいた。そうではなく、ただ漫然と続けていても意味がないので、このようなことを何のために行っているかという自分に対する戒めのつもりで書いたのである。誤解を与えた方には申し訳ないと思う。

辞めたといえば、鳩山さんが首相を辞任した。このコラムで2009年5月18日に記したとおりに世の中は動いている。トロイカ体制は健在で2004年5月18日以来の菅内閣である。

1996年9月28日発足当時の民主党は菅・鳩山共同代表制を敷いていた。その後、2004年5月18日から2006年4月7日の約2年弱のみ、岡田さん→前原さんが代表になっただけで、それ以外の12年間は菅さん、鳩山さん、小沢さんのいずれかである。

今回の代表選で岡田・前原陣営は、いずれも候補者を立てず、菅さんの応援に廻った。と言うことは、次の代表には小沢さんの息がかかった人物が選ばれることになる。最有力人物は山岡賢次国会対策委員長だろうが、国会で「郵政改革法案は廃案」と述べた直後に強行採決するなど、小沢さん以上に朝令暮改な人間である。

一方で若返りをはかって原口一博総務大臣(50)を選ぶことも考えられる。そうなると、またもや完全なる小沢傀儡政権に逆戻りとなる。菅さんにしても「脱小沢」人事などと調子のいいことを言っているが、裏では示し合わせていることは一目瞭然である。

ならば誰が適任か!?

そういう問題ではない。好き勝手適当なことばっか言ったり書いたりして、自分たちの会社の利益のことしか考えていないマスコミが一番悪い。世の中を掻き乱して高笑いしているマスコミ人が最低だ。長いものには巻かれろ、強いものには媚びへつらえ精神を何とかしなければ、この10年で潰れるマスコミが後を絶たなくなるだろう。

18年前、傍若無人なマスコミ業界を少しでもよくしたいと始めた、この仕事。凋落スピードを少しは緩めることができたかもしれないが、よい方向に舵取りができたとは微塵も思えない。自らの非力さを思い知らされたと同時に、今後どうしていけばよいのか考えあぐねている。

つまり、この仕事を辞めたいわけでも病んでいるわけでもなく、日本の降下スピードが速すぎて追いついていけないのが現実なのである。サッカーW杯日本代表が決勝リーグに進み、「日本、やるじゃない!」というムードになってくれれば、せめてもの救いなのだが・・・
posted by CTA at 17:25| 日記

2010年04月07日

富良野塾が26年の活動に終止符

2010年4月4日、脚本家の倉本聰先生が主宰する「富良野塾」が閉塾した。1984年4月6日に開塾してから実に26年。374名に及ぶ卒塾生を世に送り出した。中には途中で塾を去った若者もいる。作業中に指を切り落とした者も7人いる。しかし誰一人として富良野塾に恨みを抱いている人間はいないと思う。

それに対してTNSは、どうか? これまでの18年間で550名を超える人間が卒業している。だが、そのうち何人が本当に満足しているのか甚だ疑問である。もしかしたら1割。いや、それより少ないかもしれない。そのぐらい他人を満足させ、感謝されるまでになることは難しいと感じる。

富良野塾は授業料不要。農作業で生活費を稼ぎ、共同生活をしながら演技や創作を学ぶ。それに倣いTNSも授業料は取らず教室代や光熱費だけを受講生全員で賄うという方式を取った。さらに教室代は就職後の後払いも可。指導は毎日、深夜24時まで受けられる。

よくそんなことを毎年続けてきたなと我ながら感心する。当然、お金や時間以外にも失ってきたものは多い。何のために、ここまで意地になってやっているんだろうと考えたこともある。ただ、やめることはいつでもできる。維持することが困難であり、大切だと考えている。

1週間前より新社会人として働き始め、社会の厳しさを実感している若者がいる。就職活動真っ只中にいて日々疲弊している若者がいる。就職活動中の先輩の大変そうな姿を見て、将来に不安を感じている若者がいる。さらに日々の仕事に魅力を感じなくなり転職を考えている卒業生もいる。

果たして今後は誰のために、一体何をしていけばいいのか。TNSの存在意義を今一度見つめなおさなければならない時期にきているのかもしれない。

今は就職活動生のための指導、そして新3年生・転職希望者の指導に力を入れていこうと思う。ただ、それを今後どれだけ続けていくべきか。いつ方向転換すべきか。今年は、そのことを真剣に考えたいと思っている。
posted by CTA at 17:47| 日記

2010年03月16日

マスコミ業界の先行きを考える

出版界全体の売上が2兆円を割り込み、それに伴い広告費も減少し、「マスコミ就職読本」を出版している創出版の経営が逼迫してきている。今すぐ倒産に至るようなことはないだろうが、長年お世話になっている身としては何かしら力になれればと思っている。

また10年以上の指導歴があるマスコミ塾の受講者数および内定者数が激減し、規模縮小を余儀なくされている。同業者としては細々とでもいいから続けてほしいと切に願う。私も、この仕事を18年しているからわかるのだが、長年続けているマスコミ塾で金儲けを考えているところは、ほとんどないと思う。儲かるどころか持ち出しのほうが多いに違いない。にもかかわらず不況の煽りを受けて廃業というのは何としてでも防がねばならないことである。

かねてから思っていることだが、就職塾(に限らず学習塾全般に言えることだが)同士の横の繋がりは皆無に等しい。指導方針が異なるためタッグを組むことは難しいのかもしれないが、もっとお互いが協力して生き残っていくことはできないものだろうか。

TNS設立当初、同じようにボランティアで就職指導を始めた数人に声をかけていった。賛同してくださる方もおり合同説明会を開催し受講生を共有しあった。しかし長くは続かなかった。その結果、TNSは独自路線を進むことになった。いま考えればしかたのないことだったとも言えるが、些か淋しさも覚える。

就職塾に限らず出版業界、放送業界、新聞業界なども、もっと会社同士が協力し合って生き残っていく術はないものだろうか。このままではジリ貧になって共倒れになるのを待っているようなものである。

この世から名作が姿を消し、情報はすべてWEB化され無料が当たり前になる。マスコミが人気業種でなくなり、仕事にあぶれた人が仕方なく就く仕事になる。果たして、それでいいのだろうか。マスコミを目指す者、従事する者は、真剣に考えるべきである。
posted by CTA at 17:41| 日記

2010年02月03日

NHK人事による採用説明会行われる

本日、NHK人事の方にお越しいただき、TNS生限定の採用説明会が行なわれた。詳細について語ることはできないが、採用に大きく関わるものであることは言うまでもない。また今後、こういった形のイベントは各地で行なわれ一般化してくると思われる。

リーマン・ブラザーズの破綻から始まった世界同時不況。長引く日本経済の低迷が就職活動のあり方を変えるかもしれない。いや、変えていくのが我々のような就職支援を行なっている者の使命だろう。

TNSをはじめた18年前、就職予備校自体が珍しかった。しかし今や就職支援団体は山ほど存在し、学生もどこを選べばいいのかわからない状態にある。結論から言えば、どこを選んでも大して変わりはない。うちは他とはこんなに違うんです!とアピールしているところほど怪しかったりする(笑)

大事なことは、どこを選ぶか、通うかではなく、そこへ何を学びに行くのか、学んだことから何を感じ取り、さらに自分の頭で考えるかである。ただ情報だけもらって満足している人は、どこへ行っても同じである。

では我々が伝えるべきことは何か?

いつ採用試験が行なわれるかは「マスコミ就職のめるまが」を取っていればわかることだし、採用試験の流れは「マスコミ就職読本」などに書いてある。就職活動のテクニックは巷間に溢れる就職本や就職サイトを読めばいい。あまり役立つとは思わないが・・・

他に一体何が残っているのか?

それすらわからない人は、TNSに来るべきではない。もしや内定が用意されているのか・・・そんな甘い話が、この世の中のどこに転がっているというのか(笑)

とにもかくにも本日お越しくださり貴重なお話をしてくださったNHK人事の方には厚くお礼申し上げたい。そして、この場をセッティングしてくださったOBにも心より感謝している。

また何よりも今日集まったTNS諸君に、これだけは言いたい。人事の方はTNS生を優先的に採用しにいらしたわけではない。優秀な学生がいれば積極的に採用したい。それだけの話だ。すでに内々定をもらった気になっていたら大間違いだ。今日伺った話をよく吟味し、本採用試験までの2ヶ月間を、どう有意義に使うか。そこを真剣に考え行動してほしい。
posted by CTA at 19:33| 日記

2010年01月03日

即位20年、おめでとうございます

正月3が日にエントリーした人には、面接時に寿司をおごります。こんなキャッチで人材を集めている会社が鎌倉にある。その名も「面白法人カヤック」

実際には株式会社だが、学校法人や宗教法人があるのだから、面白法人があってもいいのんじゃないか・・・その発想は実にユニークである。ホームページを見ても何をしている会社なのかは今ひとつわかりづらいが、社員が楽しそうに働いていることは間違いなさそうだ。

代表者自ら社会起業家を名乗り、金よりも面白いビジネスがしたいと謳っている。しかし、どこぞのNPOとは違い、金の稼げる社会起業家になりたいと正直に語っているのも面白い。

この会社で働く社員が皆、給料に満足しているとは思えない。しかし仕事には大いに納得しているんじゃないだろうか。金を取るか、仕事を取るか。もちろん両方手に出来れば、それに越したことはないのだが、どちらかしら選べないとしたら、あなたはどちらを選ぶか?

昨年末から今年にかけても一昨年同様、年越し派遣村のようなニュースが話題をさらった。この国の首相は「仕事はともかく、住まいぐらいはなんとかしてあげたい」と他人事発言をしたが、彼のように6億円近い贈与税をポンと一括で払える人は滅多にいない。

一般人がどう足掻いても、生涯賃金でその半分すらもらえない現代。金持ちになることが夢のまた夢ならば、せめて仕事だけでも楽しくしたい。そう考えるのが普通ではないだろうか。

一流企業と言われる大企業と世間の大半が知らない中小企業。生涯賃金に換算すればン千万円の差になるかもしれないが、月々では数万円しか違わない。だとすれば、やりたくない仕事をして1日数千円多くもらうよりも、自分の本当にやりたい好きな仕事をしたほうが幸せである。

ならば自分が本当にやりたい仕事は何なのか? そして何ならば自分の能力でもって出来るのか? そこを真剣に考えることこそが、幸せへの第一歩となるだろう。すぐに見つかるとは思わない。簡単に答えの出る問題でもない。

だが、そこを避けているかぎり、いつまで経っても働く上での充足感は得られない。プライベートでの満足感は得られるかもしれないが・・・ 仕事とプライベートは車でいう両輪である。左右のバランスが悪いと、いつまでも同じ場所をぐるぐると廻っているだけで、ちっとも先に進めない。

カヤックのホームページにも、次のように書かれている。

書類選考通過者とのみ寿司を食べながら面接選考を行ないます。つまりエントリーした人全員が寿司にありつけるわけではないのだ。美味しい話は、そうそう転がっていないということか(笑)
posted by CTA at 18:52| 日記

2009年12月21日

忘年会を終えて

忘年会にお越しくださった皆さん、ありがとうございました。朝までお付き合いくださった諸君、お疲れ様でした。そして当日ドタキャンされた方、なんでそういうことをするかな〜 TNS飲み会で至上最高にドタキャンの多い忘年会でした。

年々、学生の質が低下してきているとは、よく聞く台詞だ。しかし、その一言で片付けてしまっていいものだろうか? 約束を守る。他人のことを考える。責任を持つ。これらのことは家庭や学校が教えるべきことだ。それができていないのはひとえに社会=大人の責任でもある。

この20年弱、景気は低迷し、他人のことまで考える余裕がなくなってきている。それは、よくわかる。しかし自分たちさえよければ・・・という考えで下の世代を育てなければ、いつかこの国は滅びてしまう。そのときには自分は、あの世だから別にいいや。

って、本当にそれでいいのだろうか?

あと30年、いや50年。せめて自分が生きている間だけでも日本が持ってくれればいい。その考え方は間違っている。戦争をすることで自国を守るという考え方は必ずしも正しいとは言えない。しかし先人たちは何とかして、この国を守り続けてきた。

ならば今後も守り続けていくのは、現役世代である我々の役目ではないだろうか? そのためには下の代を教育するのも不可欠である。嫌われたくないから、いい顔をしていたいから何も言わない。それは卑怯だ。責任逃れである。

TNSは教育の場である。からこそ、口うるさく注意する。指導する。それが嫌ならば来なければいい。それでも来るならばやかましく言われることは覚悟してほしい。そして嫌われようが何しようが言い続けるのが私の仕事である。

内定がほしくて、自立したくて、立派な大人になりたくてTNSに来られているんだから、それができるように指導していくのは当然である。そして全員が希望の会社に内定できたとき、皆で美酒を浴びよう。来年6月ごろの内定者祝勝会には誰一人欠けることなく参加されることを楽しみにしている。


posted by CTA at 16:40| 日記

2009年10月07日

4年生諸君、内定おめでとう!

本日、某通信社から内定をいただいた4年生の報告を受けた。これにより今年も40名ほぼ全員の就職先が確定したことになる。年明け早々に内定をいただいた者から10月までがんばっていた者まで。内定をいただく時期は違えど、最後まで諦めずによくがんばったと思う。

自分の希望する会社から内定をもらうために大事なこと。それは1にも2にも、自分が納得のいく結果を出せるまで諦めないこと。その一言に尽きるだろう。今年は厳しいから。有名大学じゃないから。すごいことをしてきていないから。どれも言いわけにすぎない。

TNS生の大半は東大・早稲田・慶応などの一流大学の方ではない。ましてや他人と違ったすごいことをしてきた者など皆無である。それでも、やるべきことをきちんとやれば内定がもらえる。そのことを過去の先輩方が実績として示してくれている。

年々早まるアナウンサー試験。すでにキー局では面接がはじまり、結果に一喜一憂している人もいるだろう。しかしキー局のアナウンサーになることは、針の穴にロープを通すことぐらい難しいことなのだ。たかが2〜3社、落とされたぐらいで落胆していたのでは社会に出て、やっていけるわけがない。

自分の目標は何なのか。どこの企業から内定をもらいたいのか。そこを明確にすべきだ。飛び交う噂や膨大な量の情報に惑わされちゃいけない。自分を見失った人間に未来はない。地に足をつけて将来をしっかりと見据え、堅実な生き方をしてほしい。
posted by CTA at 16:57| 日記

2009年09月15日

イチローだって苦労しているんだ

お笑い芸人やりながら、片手間に就活指導。最近、その手の若者が増えている。一様に彼らを批判するつもりはない。しかし本気で悩んでいる学生をさらに惑わしたり、ときには遊び半分で手を出したり。そういうことは断じて止めてほしい。

私はリクルートが嫌いだ。就職活動なるわけのわからないシステムを構築したからだ。そこから派生して婚活などというものもできたが、そもそも就職はするものであって、それ自体を活動化するものではない。巷には便乗したマニュアル本やテクニック本が氾濫しているが、読めば読むほど迷宮入りする。

かくいう私も設立当初は、その手の本を多数出版していた。宣伝と収入を得るためである(笑) ある程度、TNSの知名度もあがり他の仕事で食べられるようになったため、ここ10年近くは一切出版していない。おそらく今後、出版する予定も意思もない。

就職に限らず恋愛、結婚、仕事・・・どれもマニュアルは通用しないものばかりだ。テクニックで何とかなるのは大学受験までだろう。本に書いてあるとおりに実践すれば内定が得られるわけではない。逆にNGワードを口にしたにもかかわらず内定がいただけることもある。

昨日、イチローが9年連続200本安打という偉業を成し遂げた。彼はインタビューの中で幾度となく「解放された」「気楽になった」と口にしている。開幕直後には胃潰瘍のため8日間欠場したこともあった。

天才もプレッシャーに押し潰されそうになりながら努力しているのだ。我々一般人が、いとも簡単に希望の会社から内定をもらえるわけがない。だから諦めるのではなく、必死の思いで食らいつくのだ。苦労したからこそ、喜びも一入なのである。

マニュアルに頼って楽して何かを得ようとしないほうがいい。わからなければ、すぐに答えを知ろうとしないほうがいい。どれだけ苦労しても自分で手に入れることに価値がある。だからTNSでは答えは教えない。自分で何とかできる力をつけるための、その人なりの方法を指南するだけである。
posted by CTA at 15:28| 日記

2009年08月05日

争いのない社会が一番

原爆投下から64年。私も含め、社会の第一線を担う人々は、戦争の悲劇そして真の貧困を知らない。連日連夜放送される戦争特集番組の中で、日本で戦争が起きたらどうするか?というインタビューがされていた。

家族と連絡が取れるように携帯を持って逃げる。食料を購入できるように金を持って逃げる。最新情報が入手できるようにラジオやワンセグ携帯を持って逃げる。そう答えている人が多かった。

ちょっと待て! そんな悠長なことを言っていられる余裕があると思うのか。ヱヴァンゲリヲンやガンダムの世界とは訳が違うのだぞ。果たして、その辺をきちんと理解しているのだろうか。

世界平和。恒久平和。そんな綺麗事を口にするつもりはない。ただ人と人がいがみ合い、傷つけあい、殺しあうことの無意味さ。また、そうなったときの人間の余裕のなさ。その辺りは心しておいてほしい。

現在は政治の世界でも企業間でも、ほとんど考え方の違わない者同士が、ちょっとした違いをもとに互いを排除しようとしている。共存やら共生という言葉を口にするのであれば、どうしてそれを実践しようとしないのか。

マニフェストは一般的に宣言、公約と訳される。しかし語源はラテン語の「manus(手)」と「fendere(打つ)」の複合語である。ちなみに「手を打つ」とは「問題解決のために必要な手段を講じること」である。さらに神様の前で手を打つ(拍手)のは敬意や感謝の意を表すものであり、古来最高の礼儀作法とされてきた。

どこぞの政治家に告ぐ。守る気もないマニフェストを掲げるぐらいなら、日本国民に敬意と感謝を表明したら、どうだろうか。64年間、争いのない国を支え続けている国民こそが一番立派であると私は思うのだが。
posted by CTA at 15:23| 日記